行政書士 広戸事務所 古物許可

古物とは

  • 一度使用された物品
  • 一度使用された物品
  • 未使用でも使用のために取引されたもの
  • 上記を修理、手入れをした物品

古物商許可が必要な場合

許可なく古物を取引をした場合は、古物営業法違反として処罰されてしまう可能性があります。

許可が必要なのは以下の場合です。

  • 古物を買い取って販売する場合
  • 古物を買い取ってレンタルする場合
  • 国内で買い取った古物を海外で販売する
  • リサイクルショップを開く時
  • 古物市場で仕入れをする時
  • せどりをする時       

古物商許可は必要がない場合

下記の場合許可は必要ありません。

  • 自分の物を売る場合
  • 相手方から手数料を受け取り回収したものを販売
  • 海外で直接買い付けた商品を国内で販売する場合
  • 買い取らずに無償で引き取った不用品を販売する場合
  • 小売店などで購入した新品商品を転売する場合

古物商許可取得の要件

古物商許可取得には欠格要件に該当しないことが必要です。下記に当てはまらないことが必要です。

個人様の場合:申請者本人と古物商の管理者
法人様の場合:代表取締役、取締役、監査役などの法人役員と古物商の管理者

・過去に犯罪歴のある者
・暴力団関係者
・住居の定まらない者
・古物営業の許可を取り消されてから5年を経過しない者
・未成年者

ご利用料金

当事務所は古物商許可を 39800円(税抜)+実費 で行います。実費は申請時の手数料のみです。交通費等は請求いたません。

手数料

  • 古物営業の許可 19000円
  • 許可証の再交付 1300円
  • 許可証の書換  1500円
  • 古物競りあっせん業者の認定 17000円

ご依頼の流れ

お申し込み
メールフォームもしくはお電話でお申し込みください。 ご相談は初回無料で行っております。
ご依頼内容の確認後お見積り提示と、必要書類のご案内
ご依頼内容を確認した後お見積額の提示と必要書類のご案内をさせていただきます。
ご入金確認後、書類作成
署名捺印のお願い
完成した書類を依頼者様へお届けまたはを送付必要箇所に署名・捺印いただきます。
申請書類の提出
管轄警察署にを提出します。

審査期間は約40日間 です。
警察より訪問や電話による所在確認がなされる場合がございます。
自動車を取り扱う場合は駐車場の確認などあるかと思います。
許可証の受け取りとお届け
問題などなければ、申請から警察から許可連絡があり、 許可証の受け取り お客様のもとへお届けいたします

お問い合わせはこちらから0834-34-0491営業時間 12:00-20:00 [ 土・日・対応]

メールでお問い合わせ