印鑑 

実印と認印の違い

「実印」とは、市区町村の役所に登録した印鑑登録のされている印鑑のことです。

「認印」とは、銀行印や実印など登録などを行っていない印鑑のことです。宅配の受け取りなどの確認や承認の意味で使われます。

押印の種類

契印

見開きの部分のページの間にまたがるように押印する印です。2枚以上の契約書が1つの連続した文書であることを証明するために使われる押印です。

割印

2つ以上の文書に印鑑ををまたがるように押す印です。2つの文書の関連性を示すなつためにおこなう押印です。

訂正印

契約書の中の文字を訂正する場合に押す印です。

誤った文字の上に二本線をひいて、その上部に正しい文字を記入するやり方。

誤った文字の上に二本線をひいて、上部に正しい文字を記入して、枠外に「削除○字加入○字」

訂正した文字をカッコでくくって、その上に押印するやり方。

捨印

誤文字に備えてあらかじめ契約書の上部に押印しておく押印です。

前の記事

請負契約

次の記事

契約書の役割