契約書の役割

契約とは

私達は日々契約をしながら生活をしています。

例えばお店で、品物を買いたいと言う申込みをし、売るという承諾をすることで契約が成立します。

契約の成立により「品物を引き渡して!」「お金を支払って!」と相手に対する請求できる権利や「品物を引き渡さなければならない」「お金を支払わなければならない」という相手に対する義務が生まれます。

契約書の役割

契約の内容を、文章にしたものを契約書といいます。契約書の役割は以下です。

証拠保全

契約は口頭でも成立しますが、どんな契約か証明するためには、文章によって作成する必要があります。紛争が起きたときなど直接の証拠となります。

忘れないため

契約の内容すべてを覚えておくことは困難です。どのような契約をしたか契約当事者間で忘れないようにする役割があります。

トラブルを避けるため

契約書で双方の権利義務や責任の所在をはっきりさせておくことで、事前にトラブルを避ける役割があります。

前の記事

印鑑 

次の記事

契約書の印紙