賃貸借契約

賃貸借契約とは、当事者の一方が建物などの使用および収益を相手方にさせる契約をし、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することによって成立する契約のことです。

賃貸借契約の種類

  • 露天使用型賃貸借
  • 事業用賃貸借
  • 定期賃貸借
  • 建物譲渡特約付き賃貸借
  • 動産賃貸借
  • 一時使用の賃貸借

賃貸借契約て定めておかなければならない項目

  1. 何をどの範囲を貸し借りするのか
  2. 賃料について
  3. 敷金、礼金について
  4. 契約期間について
  5. 共益費について
  6. 使用目的・禁止事項について
  7. 解除・解約の申し入れについて
  8. 原状回復・明け渡しについれ

民法改正点に(2020年4月~)注意をして作成を  詳しくは↓を

当事務所ご依頼料金 

賃貸借契約書作成(税込み)30000円から

民法改正に伴う契約書見直し(税込み)15000円から

お問い合わせはこちらから0834-34-0491営業時間 12:00-20:00 [ 土・日・対応]

メールでお問い合わせ

前の記事

公正証書のすすめ