産業廃棄物 収集運搬と自社運搬

産業廃棄物収集運搬業とは

廃棄物収集運搬業とは、他人からお金をもらって、他人の産業廃棄物を運ぶことを仕事としているものです。

排出事業者と産業廃棄物処理業者の間、産業廃棄物処理業者(中間処理)と産業廃棄物処理業者(最終処分等)の間で、廃棄物を運搬します。

収集運搬に利用される車両

収集運搬に利用される乗り物はトラックが中心で全体の95%を占めています。

使われれる車両は、パッカー車・ダンプ車・脱着装置付コンテナ車(アームローダー車)など、廃棄物の用途にあった車両が使われます。

収集運搬業の基準

産業廃棄物収集運搬業をするには許可が必要ですし、収集運搬を行うにあたっては法律により基準が儲けられています。

産業廃棄物収集運搬基準

  • 産業廃棄物が飛散したり流出しないようにすること。
  • 悪臭や騒音又は振動によって生活環境の保全上支障が生じないように必要な措置を講ずること。
  • 運搬車の車体の両側面に産業廃棄物収集運搬車である旨の表示をすること。
  • 運搬車に施行規則で定める書面を備え付けること。
  • 産業廃棄物の収集運搬のための施設を設置する場合には、生活環境の保全上支障を生ずるおそれのないように必要な措置を講ずること。
  • 産業廃棄物の収集運搬の途中で保管を行う場合は、保管積替え基準を遵守すること。

収集運搬業許可が必要ない場合

廃棄物の自社運搬の場合は収集運搬業の許可は必要ありません。

自社運搬とは、自らが排出した産業廃棄物を自らが運搬することをいいます。この場合は収集運搬業許可は不要になります。

自社運搬になる主なケース

  1. 自社が排出した産業廃棄物を自社車両で自社工場間を移動させる場合
  2. 自社が排出した産業廃棄物を自社車両で自社倉庫から処理委託業者まで運ぶ場合
  3. 自社が排出した産業廃棄物を自社車両で 営業拠点から自社工場まで運ぶ場合 

子会社や下請け業者が産業廃棄物を運搬する場合は原則、自社運搬とはなりませんので気を付けてください。その場合は、収集運搬の許可が必要になります。

お問い合わせはこちらから0834-34-0491営業時間 12:00-20:00 [ 土・日・対応]

メールでお問い合わせ

次の記事

積替保管