建設工事の許可が必要な工事の種類は全部で29業種あります。大きくわけて一式工事と専門工事に分類されています。

一式工事とは、

総合的な企画、指導、調整のもとに建築物を建設する工事のことです。

一式工事は「土木一式工事」と「建築一式工事」の2つがあり、大規模又は施工内容が複雑な工事を原則として元請業者の立場で、総合的にマネージメント(企画、指導、調整等)する事業者向けの業種です。

一式工事の許可のみを受けている者が、専門工事に分類される工事を単独で請け負う場合には、各専門工事の許可を受ける必要があります。

一式工事は、基本的に大規模、複雑な工事等が該当します。

ご注意

建築一式工事許可は、建築一式工事を請け負うための許可であって、ほかの専門工事(とび土工工事、大工工事 内装工事など)を請け負うことができるようになるオールマイティーな許可ではありません。


※電気工事、管工事、内装仕上工事等の単一工事であっても、工事の規模や複雑性等からみて個別の専門工事として施工することが困難なものは建築一式工事に含まれます。

建築一式工事の許可があるからと言って大工工事、内装工事などの専門工事を単体で請け負うことはできません。

個別に専門工事の許可が必要です。

どういったものが一式工事にあたるの?

一式工事とは、原則として元請の立場で、総合的な企画、指導、調整のもとに土木建築物を建設する工事と説明しました。

具体的には工事の施工内容により個別に判断する必要がありますが、下記の2つの要件を満たす建設工事が該当します。

①工事の規模、複雑性等からみて総合的な企画、指導及び調整を必要とし、個別の専門的な工事として施工することが困難であると認められる建設工事

※大規模又は複雑な工事であること。

※工事の規模、複雑性からみて1専門工事で施工困難な工事も含まれる。

②2つ以上の専門工事を有機的に組み合わせて、社会通念上独立の使用目的がある土木工作物又は建築物を建設する工事

※附帯工事は含まない。

一式工事にあたる具体例

土木一式工事の例

道路工事、橋梁工事、河川工事・海岸工事、トンネル工事、ダム工事、大規模な宅地造成工事(とび・土工で施工困難な工事)など

建築一式工事の例

複数の専門工事(大工工事、屋根工事、とび・土工工事、建具工事、電気工事、内装仕上工事、塗装工事、管工事など)を有機的に組み合わせた1つの建築工事住宅等の新築工事・増改築工事、ビル等大規模な建築物の解体工事、マンションの大規模修繕(補修)、ビルの外壁に固定された避難階段を設置する工事など。