リフォーム工事といっても工事内容は様々です。

例えば、壁紙を張り替えをおこなう工事、床面積を広げる拡張工事など多様であるため、どの業種に該当するかは工事内容により決まります。

建設業許可が必要な工事

そもそも、建設業許可が必要な工事は請負金額が税込み500万円以上の場合です。リフォーム工事の多くは500万円未満の請負金額になる場合が多いので、許可取得は不要な場合が多いです。

建築一式工事があればいいの?

建築一式工事は「元請の立場で総合的にマネージメントする建設業者が請け負う大規模かつ複雑で、専門工事では施工困難な工事」か、

元請の立場で総合的にマネージメントする建設業者が請け負う、複数の専門工事を組み合わせて施工する建設工事」です。

請負金額が500万円未満のように一般的な住宅のリフォーム工事ではこの定義にほとんどあてはまりませんのでご注意ください。

工事内容を確認して判断

リフォーム工事はこの許可業種だ!と容易に判断するのではなく、工事の内容を確認して判断しましょう。以下が例です。

住宅のエクステアリホーム工事の場合

住宅のエクステリア(外構工事)リホーム工事の場合は、外壁の設置や門扉などの設置、改装などが考えられますが、その場合は「とび・土工工事」に該当します。

マンションの〇室のリホーム工事

マンションの〇室のリホーム工事の場合は、キッチンや浴室などの水回りの設備の取替工事なら管工事。壁紙の張替工事なら内装仕上工事に該当します。

リホーム工事は多様な内容の工事のため、工事内容で業種判断することが必要です。