公正証書遺言書とは公証役場で作成する遺言書です。 下準備ができ次第、公証役場で遺言者公証人証人2人のもと公正証書遺言書を作成します。

公正証書遺言書のメリットとしては以下です。

・公証人が作成するために関与するため形式的不備が少ない
・原本は公証役場で保管されるため紛失時の心配がない
・相続のときの家庭裁判所の検認手続きが不要 など

デメリットとしては以下です。

・作成費用が割高
・作成に日数がかかる
・証人が2人必要など

当事務所にご依頼いただくメリット

  • 法律や相続のことなどわからないこと聴き放題でサポートしてもらえる
  • 作成完了まで追加料金無しで何度も相談できる
  • 面談のときは自分の家に足を運んでもらえる
  • 自分で行うと公証人との事前打合せが何度も行わないといけないけど、1回ですむ
  • 難しい手続きは代りに行ってくれらり、手伝ってもらえる

ご利用料金

公正証書遺言書作成サポート 69800円(税抜) +公証役場手数料 +出張費(※片道1時間以上の場合のみ)

証人1人は行政書士が行うため無料です。もう1人は依頼人様で手配で着ない場合、追加料金10000円かかります。

片道1時間以上かかる場合は距離に応じて出張費をいただきます。2000円~

公証役場での手数料は以下のとおりです。

目的の価額手数料
100万円以下5000円
100万円を超え200万円以下7000円
200万円を超え500万円以下11000円
500万円を超え1000万円以下17000円
1000万円を超え3000万円以下23000円
3000万円を超え5000万円以下29000円
5000万円を超え1億円以下43000円
1億円を超え3億円以下4万3000円に超過額5000万円までごとに1万3000円を加算した額
3億円を超え10億円以下9万5000円に超過額5000万円までごとに1万1000円を加算した額
10億円を超える場合24万9000円に超過額5000万円までごとに8000円を加算した額

公正証書遺言作成サポートの流れ

お申し込み&ご面談
お電話もしくはメールフォームからお申込ください。ご都合の良い日時にご面談させていただきます。
最初の面談時に今後の流れをご説明するとともに、後の調査の準備のため、 ご本人の希望の確認 遺言作成の動機や親族関係・資産などの状況をお聞きします。

お聞きすること
遺言者ご本人の希望   
遺言者ご本人とご家族の状況
自宅・農地ほか預貯金など資産の確認と借金など債務など

ご説明すること
概算の料金
作成までの流れなど
調査・資料収集
公正証書遺言書作成に必要な資料を集めます。集めるものは身分関係と財産関係の書類です。
・戸籍収集
・推定相続人の調査・遺留分の算定
・不動産についての資料
・預貯金・株式 などの資料等
集めた資料をもとに、財産目録、親族関係図を作成
財産目録は、遺言者の財産の一覧表です。親族関係図は法定相続人などがひと目で分かる表です。
遺言書の具体的中身を決めていく&原案作成
作成した財産目録、親族関係図のご説明をさせていただき、それを元に遺言書の具体的な中身を詰めて行きます。中身が決まったら遺言書の原案を作成します。
公証人との事前打合せと遺言書の修正作業
遺言者様も同席での公証人との打合せが望ましいのですが、都合がつかない場合は行政書士のみで行なえます。公証人との事前打合せご遺言書を修正し、確認してもらいます。
公証役場での作成
証人2人と遺言者様とともに、予約日に公証役場で公正証書遺言書の作成を行います。

作成の主な流れは以下です。
①公証人が遺言者に氏名、生年月日や住所、職業について質問します。
②公証人が証人に 氏名、生年月日や住所、職業について質問します。
③公証人が遺言者に、遺言作成の動機などを質問します。
④公証人が用意した遺言書を読んで内容に間違いないか確認をします。
⑤内容に間違いなければ、遺言者と証人が署名をして㊞を押します。
⑤最後に公証人が署名をして㊞を押します。

お申込み&お問い合わせ

行政書士広戸事務所 TEL 0834-34-0491

どちらかお選びください(必須) お申込みお問い合わせ
題名
お名前 (必須)
ふりがな (必須)
住所
御社名
メールアドレス (必須)
電話番号
お問い合わせ内容 (必須)
身分証明書アップロード

運転免許証、保険証、パスポートなど、ご依頼人の本人確認が取れる身分証明書の鮮明な画像を添付ファイル